食品の効果的な食べ方

食品の効果的な食べ方メニュー


旬に食べる

食品をバランスよく摂取することがいかに重要かは既に分かったと思います。

又、各種の食品に含まれる栄養成分がどのようなものか、どんな効能があるかもお分かりいただけたと思います。

では、同じ食品を食べる場合何時食べるのがいいのか、それは何故なのかという疑問に行き着く人もいるかもしれません。基本的に、生鮮食品は新鮮なうちに食べるのがいいとされています。

ただし、いくら新鮮だからといって旬でもない時期にハウス栽培の野菜を好んで食べるということはあまりおすすめできません。誤解されたくないのは、ハウス栽培の野菜を食べてはいけないということではありませんので、あらかじめご了承下さい・・・・そしてその上で本文をご覧頂ければ幸いです。

 

鮮度を保つ保存

野菜にしても、魚介類にしても、肉類にしても、鮮度というものが重要です。大げさに言えば、いつまでも保存しておくと香りやうまみ、栄養成分が抜けるだけではなく、干からびてしまうし腐ってしまいます。

ただ、鮮度を保つといっても食材により保存方法は違います。例えば、野菜や肉、魚では違いがありますし、さらに細かく言えば、葉野菜と根野菜でも保存方法に違いがあります。

そして、大きな食材はどうしても残ってしまうことがあります。そのようなときは、冷凍するのも良いですが、加工して保存するというのも一つの選択です。

それらを含めて、各種食品の上手な保存方法を紹介しています。

 

栄養効果を引き出す調理

食材が持つ栄養成分を有効に摂取するには、その食材をいかに効果的に調理するかというのも重要です。

せっかく、旬の食品を鮮度が落ちないうちに食べたとしても、食品が持つ栄養効果を最大限に引き出すことができなければ、十分とは言えません。

野菜には野菜の調理方法、肉には肉の調理方法、魚には魚の、というように各食品別に有効な調理方法を紹介しています。

 

効果的な食べ合わせ

昔は良く食べ合わせが悪いと下痢をするとか、体に良くないとか言われました。これは、だれでも一度はおばあちぁん等から聞いたことがあると思います。

しかし、原則としてあれとこれを食べたから下痢をした、ということはないのが現実ですし、医学的・栄養学的な根拠も乏しいのです。多分、昔は冷凍技術も今ほどではないでしょうから、傷みやすい物の組み合わせや食べすぎを戒めるためのものだと思われます。

ただ、炭水化物と脂質の過剰摂取、といった食べ方は食べ合わせがどうのうこうのという前に、バランスが偏っているので改めなければ深刻な病気になることもあります。

食材の効果的な食べ合わせは、簡単に言えばバランスよい食事です。そして、食材が持つ栄養素をいかに他の有効な栄養素とともに摂取できるかで、体内に効果的に取り込まれる吸収率が違ってくるのです。

 

栄養価を高める食べ方

これは、例えば一日が始まる朝はどんな食事、栄養素を摂取したらよいか、とか、激しいスポーツをする前と後ではどんな栄養素を摂取したらよいか、というようなことです。

当たり前のことですが、一日が始まる大事な朝にはご飯を食べると思います。それは、エネルギーとなる栄養素を補給することで力がでるからです。

そして、食後には果物やケーキなどのデザートを食べることが多いのですが、これは果物にはタンパク質を分解する酵素が含まれているからなのです。

このように、一日のサイクルにはそれなりの栄養素が必要になりますので、そのつど効果的に摂取していけば健康を促進することができるということになります。

 

魚を熟成させて旨味を増加させる方法

魚は〆てすぐ食べたほうがおいしいと思っていませんか?!
別に間違いではないですが、もっと美味しく食べれる方法があります。

その方法を知ってるからおすし屋さんなんかはおいしい魚を食べさせるんですよ・・・
生簀で泳いでる魚をその場で〆て食べてもコリコリしてるだけで、本来の旨みは出ません、是非一度この方法をお試しあれ!!

スポンサーリンク